腰痛と運動不足のお話し

腰痛と運動不足に関するお話です。

一般的な腰痛(けがや病気などが原因ではない)と運動不足は大きく関係します。スポーツやジョギングなどの運動らしい運動ではなく、もっと些細な生活上の気づかない程度の運動量減少が腰痛に繋がることが多いんです。

例えば、通勤で自宅から職場まで徒歩と電車で1時間かけて通勤している人が、職場の近くに引越し自転車で10分の通勤になったとします。1日にしてみれば些細な減少かもしれませんが積み重ねていけば大きな運動量低下です。これは通勤での話ですが、それ以外でも些細な生活の変化で運動量を低下している事って意外とあるように思います。

実は気づいていないだけで、腰痛の最初はこうした生活環境が変わることで、それまで使っていた筋肉を使わなくなり運動量が僅かに低下した、言い換えれば楽をしたことが原因で腰痛は始まるのかも知れません。楽をして筋力低下した筋肉に無理が重なれば次第に腰痛は慢性化していきます。そして疲労がピークに達すれば「ギクッ、ピキッ」所謂ぎっくり腰へと繋がることもあるでしょう。

最近はテレワークの方も増え一日ほとんど歩かないなんて話もよく耳にします。慢性的に腰痛でお悩みの方、一度ご自身の生活環境を見直してみては如何でしょうか。

慢性的な腰痛について詳しくはこちら

慢性的な腰痛

この記事に関する関連記事

錦糸町北口整体院

〒130-0013東京都墨田区1-7-9江上ビル1F錦糸町北口整体院