錦糸町北口整体院ブログ

錦北っ子日記 ~Tちゃんの場合~

あじさい.jpgこんにちは。錦糸町北口整体院で託児を担当しています保育士のマキです。
 
今日は、当店にいらした可愛い人見知りのもうすぐ2歳になるお子さんの話をします。
 
 
 
 
人見知りですから、入店してすぐに泣きだしました。
 
泣いているというより怒っているんです。
 
「ママがいいと言っているのに、何でママのところに行かせてくれないんだ!」と怒っているのです。
 
でも、せっかく当店を選んで来ていただいているのに、お子さんが泣くからといって施術が出来ないのでは、専任保育士がいるという看板を掲げている意味がなくなってしまいます。
 
イラスト 泣きわめいている子供.jpgちょっと可哀想ですが、ここはお子さんに我慢していただくしかありません。
 
NHKの子供番組『いない いない ばあ』が好きだと言うので、DVDを流してみましたが、怒っているのでそれさえも気に入らない様子で、自分でDVDのスイッチを切ってしまいました。
 
そして、部屋の隅に使っていないタイルマットが積んであるのですが、それを怒って泣きながら投げてバラバラに散らかし、おもちゃの入っている棚や施術用のベッドや私まで踏み台にして乗り越えてお母さんのところへ行こうとしました。
 
まぁそんなことをしたところで、結局はひょいと私に抱えられてお母さんのところへは辿り着けないのですが...。
 
でも、お子さんがどんだけ怒っているのか、とてもよく分かる行動ですよね。
 
そしてとても可愛らしい。
 
YouTubeでこういう小さな子供の行動を見るの、好きなんです。
 
 
 
 
とっても怒っていたそのお子さんですが、タイルマットをバラバラにしたという行動は、ママのところに行かせてくれないおばちゃん(私)に対する言わば嫌がらせな訳で、でもその嫌がらせは意味がなかったと知るんです。
 イラスト すねている子供.jpg
マットをバラバラにしても私が怒りもしなければマットを片付けようともしないので、今度はマットを重ね始めたんです。
 
「バラバラが良いなら重ねたら嫌がるのか?」とでも思ったのでしょうか。
 
でもそれがその子の気分を変える良いキッカケになりました。
 
バラバラになったマットをおもちゃの棚の上に重ねる、それを今度は施術用ベッドの上に重ねる、そんなことをしているうちにそれが遊びになったんです。
 
怒りながら泣きながらやっていたのが、だんだんと泣かなくなり、マットを私に手渡すようになり、マットからブロックになり、ブロックからおもちゃになり、最終的にはアンパンマンのボールを左手で抱えながらおままごとセットの野菜を切って遊びました。
 
お母さんのことを忘れた訳ではありません。
 
その遊びがとても楽しいという訳でもなさそうでした。
 
でも最初に思ってた程このおばちゃん(私)がイヤではなくなった、という感じでしょうか。
 ママに向ける笑顔の子.jpg
笑顔はありません。
 
笑顔はお母さんのものです。
 
でもちょっとうつむき気味に、それでも切ったおもちゃの野菜を私に手渡してくれるその子を見ていると、とても愛おしい気持ちになりました。
 
 
 
 
一概に人見知りと言っても、お子さんによって、またその時によっても違います。
 
今回こんな風に後半遊んでくれたこのお子さんも、次回は1間中泣いているかもしれません。
 
でもまぁそれも仕方がないことなんです。
 
だって人見知りの時期なんですから。
 
今だけの愛おしい時期なんですから。
 
洋書とラベンダー.jpg
 

 


錦北っ子日記 ~潮干狩りのススメ~

こんにちは。錦糸町北口整体院で託児を担当しています保育士のマキです。

シロツメグサ.jpg

皆さん、今年の長いゴールデンウィークはどのように過ごされましたか?

我が家は子供がもう中学生ですので一緒に出歩く機会も減りましたが、潮干狩りは行きたいと言うので日帰りで潮干狩りに行ってきました。

海が嫌いな方、貝が食べられない方などいらっしゃいますから無理にとは言いませんが、そうでないのでしたらお子様を連れて是非潮干狩りに行っていただきたい!

大きなお砂場で宝探しが出来るのですから、お子様が大興奮すること間違いなしですよ。

 

我が子はもう中学生ですから、さすがにキャーキャー言ったりせず黙々と貝を掘り当ててますが、よその小さなお子達は大変!

潮干狩りする女の子.jpg

「パパ、見て、あったよ!」

「パパ、こんなに取れたよ!」

「パパ見て!パパ!」

...でも実は大人も夢中になりますから、パパもそれどころじゃなくなるんですよねぇ(^^;;

砂抜きは面倒ですし、荷物が多くなるから車じゃないと不便だったりしますが、クーラーボックスに氷と一緒に持ち帰れば、ちょっとくらい時間が掛かっても貝ですから大丈夫!

アサリの味噌汁.jpg

「この大きい貝は◯◯ちゃんが取った貝だね」とか言いながら食べるアサリは最高の思い出になりますよ。

潮干狩りの時期は夏までありますので、よかったら是非行ってみて下さい。

オススメです。


錦北っ子日記 ~兄弟ゲンカ、ウェルカム!~

こんにちは。錦糸町北口整体院で託児を担当しています保育士のマキです。

ビタミンカラーの花.jpg

当院にお子様連れでいらっしゃる方、有り難いことに増えてます。

生後1・2ヶ月の赤ちゃんから小学1・2年生の子まで、連れていらっしゃるお子様の年齢は様々...。

もちろんもっと年齢が上のお子様を連れてきていただいてもOKなのですが、そのくらいの年齢になると、ゲーム持参で来てゲームをやって待っているお子様が多くなるので、私の出番じゃなくなるんです。

それから、ご兄弟を連れていらっしゃる方もいます。

20190415 2兄弟.jpg5人兄弟のうちの3人を連れて来る方もいらっしゃいましたが、大概は兄弟二人。

兄弟って、ケンカするもんですね。

お母さんが施術している約一時間の間に、どの兄弟も大概一度はケンカします。

私にも年子の妹がいますから、子供のころはよくケンカしました。

私の母は変わっていて、私と妹の兄弟ゲンカをカセットテープに録音して(カセットって時代ですね)、面白いって言って後で聞かせてくれたことがありますが、実は私、今その気持ちよくわかるんですよねぇ〜。

まぁ私の子供が一人っ子で、兄弟ゲンカが珍しいというのもあるんでしょうけど、ホント兄弟ゲンカって面白い。

上の子と同じがいい下の子が、上の子が遊んでいるオモチャを欲しがってケンカになったり、逆に、下の子が遊んでいるオモチャが欲しくなった上の子が、そのオモチャをヒョイと取り上げちゃったり...。

20190415 3兄弟ゲンカ.jpgそれで、叩いたり泣いたり...。

大概下の子が「お兄ちゃん(お姉ちゃん)が取ったぁ〜!」と私に泣きついてきて、上の子が「だって!」と反論する。

私はと言えばニタニタしちゃって、あまりも激しく何度も手が出るようでしたらさすがに止めますが、どの子も叩いちゃいけないのはわかっているので、そこまでヒドい子はいません。

しばらく様子を見てから、代替え品や別プランを提案すると、それに納得がいかないにしても何となく気が晴れるのかまた何事もないように遊びだす。

気持ちをガラッと切り替えられるのも、子供のいいところですよねぇ。

さっき大泣きでケンカしてたのに、今度は仲よさそうにキャッキャ言いながら笑って遊んでる。

ホント、楽しい。

 

いろいろと忙しい夕方に毎日ケンカされると、そんな呑気な気持ちで見てられないのもわかるような気がしますが、とりあえず当院では兄弟ゲンカ、ウェルカムです。

遠慮せず兄弟でお連れくださいませ。

お待ちしています。

welcome.jpg

 


錦北っ子日記 ~いつでも味方です~

こんにちは。錦糸町北口整体院で託児を担当しています保育士のマキです。

桜と青空.jpg

今日から新年度ですね。

出産後育休を取っていらしたお母様方も、今日から保育園が始まるという方、多いのではないでしょうか?

保育園が始まるといろいろと大変ですよねぇ。

着替えやオムツの用意、週末にはお昼寝用布団のシーツの洗濯、毎日何を食べたかとか書いて持って行かなきゃいけないし、時間通りに家を出たのに保育園で子供がママと離れるのを嫌がって泣いたり、かと思うと、お迎えの時は逆に帰りたくないと駄々をこねられたり...。

私の子供は12才ですが、やはり幼少期は保育園に通っていたので大変さは痛い程よくわかります。

でもその大変さは、今になれば良い思い出です。

 

 

毎日書いた日誌。

食べ物、便の具合の他に、家での様子を必死で毎日書きました。

今それを読み返すと、あの頃の子供の様子がまるで昨日のことのように思い出されて、涙が出るほど懐かしい。

託児に預ける アップ.jpg朝、保育園で子供が大泣きして後ろ髪ひかれる思いで仕事に行ったのに、夕方迎えに行ったら、子供に「もう来たの?」みたいな顔されて、先生からも「朝あの後、すぐにケロッとして一日楽しく遊んでましたよ」なんてことはしょっちゅう。

うちの子は男の子だからか、若い可愛らしい女の先生がお気に入りで、その先生に抱っこされれば朝も泣かずにすんなり...いえ、ママ早く行ってと言わんばかりでこちらを振り向きもしなかったり。

熱が出た、吐いた、頭をぶつけたと言って仕事場に連絡があれば早退して迎えに行かなきゃいけない。

でも迎えに行って病院に連れていくと全然なんともなくて、子供はといえば超元気!

もしも何かあってはってことだから仕方ないんですけど、有り余るエネルギーをもてあそんでいる我が子を見ると、職場の人に頭を下げて早退してきたのに...と、ため息が出たりしました。

20190401 3泣く男の子 顔に絆創膏.jpgおもちゃの取り合いで、お友達にケガさせて謝ったり、ケガさせられて謝られたり。

うちの子の場合、親の不注意でケガをさせてしまい数ヶ月仕事を休まなければいけなくなったこともありました。

  

ホント、いろいろありました。

大変でしたけど、お母さんでいる時間のONとOFFがあって、これはこれで仕事しててよかったかなぁとも思います。

錦糸町北口整体院で、育児中のお母さんにしてあげられることは限られています。

その大変さを共感してあげることくらいかも...。

仕事をしてるとなかなか整体院に行くことが出来ないのもわかります。

でも...ちょっと疲れたなぁ、気持ちがポジティブになれないなぁと感じたら、当院を思い出してください。

平日の10時から16時まででしたらお子様と一緒に、土日祝日は保育士付き託児はやっておりませんが17時まで営業しています。

当院は育児中のお母さんの味方です。

いつでもその疲れを癒しにいらして下さいね。

お待ちしています。

リラックス 花とお茶.jpg


錦北っ子日記 ~どうしてるかなぁ~

こんにちは。錦糸町北口整体院で託児を担当しています保育士のマキです。

20190315 1野に咲く白い花.jpg

3月ですねぇ...。

この3月、ふっと思い出す子がいるんです。

以前勤めていた整体院に来ていた子なんですけど...。

その子が初めて来たのは、その子が1才になったばかりの頃。

1才になったばかりの子って、だいたいヨチヨチ歩きだったりするんですが、その子はダッシュ出来たんですよねぇ。

全然人見知りも無くて、初めてお母さんと来院したその日から、院内中駆け回って、カーテンの向こうに何があるのかも考えずに閉まっているカーテンに突進して行くので、私は汗だくでその子を追いかけたものです。

元気な子供.jpgその子のお母さんは定期的に通ってくださったので、その子が言葉を喋り始めたのとか、弟が生まれてだんだんとお兄ちゃんになっていくのとか、わんぱくで施術用ベッドからジャンプして飛び降りれるようになったのとか、兄弟ゲンカする姿とか見させてもらっていたので、他人の子とは思えない親しみというか愛着というかが私の中にあったんです。

その子も「おばちゃん、おばちゃん」と言って、楽しみに来てくれてたみたいですし、私に対してワガママも言ってくれました。

   

   

その子が、4月から小学生になるというちょうど今頃、ご家族で引っ越すことになってしまって...。

とても残念でしたが、ご家庭の事情です。仕方ありません。

これでサヨナラになるという最後の来院日。

いつものように楽しく遊んで、いざサヨナラする時。

泣く男の子 青い帽子.jpgその子はいつも以上に帰りたくないと駄々をこねたのです。

お母さんが「ドーナツ食べに行こう」と言っても、「大好きな電車を見に行こう」って誘っても、「やだ!!」と言ってベッドの下に潜り込み出てこないんです。

4月から1年生と言っても、まだ未就学児です。

たぶんこれが最後の別れになるだろうと理解出来ているなんて思えなかったけど、その子はいつもと違う何かを感じていたのかもしれませんねぇ。

そしてその別れを体全身で嫌がってくれている。

素直なその子の反応は嬉しかったです。

私まで涙が出てきてしまいました。

でもこのままではその子のお母さんも困ってしまいます。

ですので私は、その子をギューッてして「またおいで」って言ったんです。

もう来れないのは分かっていますが、そう言ったんです。

すると、その子は頷いて笑顔で帰って行きました。

    

     

ピンクの桜.jpgあれから1年が経ち、その子は4月から小学2年生。

たぶん今日も元気に学校へ行っていることと思います。

そして、おばちゃんのことは忘れてしまったでしょうね。

でもそれでいいんです。

その子が元気な証拠ですから。


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11