錦糸町北口整体院ブログ

錦北っ子日記 ~応援しています~

八重桜.jpgこんにちは。錦糸町北口整体院で託児を担当しています保育士のマキです。

4月です。新年度です。

今年度からお子さんを保育園に入れて働きだす方も多くいらっしゃいます。

私にとってはお子様連れの方が減るので、可愛いお子様たちの笑顔・寝顔・泣き顔が見られなくなるのでちょっと寂しくなる季節でもあります。



3月末にいらっしゃったRちゃん(1才)は、その日、やけに甘えてくるので

「最後だから?」

と聞いてみると、頭を「うん、うん」と頷いて見せるんです。

甘える子.jpgRちゃんはまだ1歳5ヶ月ですから、大人のマネをする時期ですし、私の言ったことの意味を分かってのことではないと思いますが、「うん、うん」と頷いて私に抱き着いてこられると、思わずギューッてしたくなっちゃいます。

4月になって、慣らし保育中のRちゃんがお母さんに連れられて来てくれました。

保育園に行き始めて二日くらいは泣かずにお母さんにバイバイ出来ていたRちゃんも、3日目くらいから状況を把握したのか、お母さんと別れるとき泣くようになったそうです。

まぁ、保育園あるあるですよね。

でも当院に来て泣かずに遊んでくれるRちゃんを見ると、Rちゃんにとって「おばちゃんは特別?」・・・なぁ~んて、ちょっと優越感というか、嬉しくなっちゃいます。





Rちゃん以外にも、何人もの方が今月から保育園です。

お母さんと別れる時に泣く子もいれば、全然平気で、お母さんの方がさみしくなっちゃうパターンもあります。

保育園の先生.jpgうちの子の場合は、朝別れる時こそ泣きましたが、夕方迎えに行ったら「まだ遊びたい」と全然お友達のそばから離れず、帰るのに時間がかかったものです。

仕事して、迎えに行って、買い物して、家事して、寝かしつけて・・・。

朝の忙しい時間にウンチしたり、嘔吐して急に休まなくちゃいけなくなったり。

「ケガだ」「熱だ」と保育園からお呼び出しがかかって、仕事を早退したことも何度かありました。

「あー、大変」「あー、疲れた」と思ったのも、子供が大きくなった今となっては、涙が出るほど懐かしい良い思い出です。





ママチャリ.jpgもちろん、専業主婦の方には専業主婦の方の大変さがあります。

私にとっては、仕事してお母さんじゃない時間があったことが精神的に良かったと思っています。

ずっと子供と二人だけでいるのは、それはそれで大変です。

どちらにしても、子育ては大変!

なんだか疲れたなぁと思ったら、ちょっと息抜きに錦糸町北口整体院にいらしてくださいね。

少しでも子育て中のお母さんのお役に立てればと思っています。

応援しています。

ダンゴ.jpg


錦北っ子日記 ~ある日の託児 8~

20210315 1.jpgこんにちは。錦糸町北口整体院で託児を担当しています保育士のマキです。

今日は先日来院されたお子様たちの様子をお話しします。




その日の託児は男の子3人でした。

10:30 4ヶ月のKくん

まだ人見知りはなく、いつもご機嫌なKくん。

20210315 2.jpgキッズスペースにごろんとさせ、おもちゃのタンバリンを持たせると、上手にぶんぶん!

上手過ぎて自分の頭にバンバン当たってるのに、それでもご機嫌なKくん。

カワイイ。

あまりおもちゃを持たなくなったので、抱っこしてぶらぶらしてたら...寝てしまいました。





11:30 8ヶ月のSくん

20210315 3.jpgお母さんが眠いと思うとおっしゃったので、すぐに抱っこしてトントン...。

しばらくボーッとしていたかと思ったら、いよいよ眠くなったようでひと泣きし寝てしまいました。





15:00 1才7ヶ月のTくん

バギーで寝ているので、起きるまでそのままにすることにしました。

残り15分って頃、目が覚めてボーッとしている様子でしたので、手を引いてキッズスペースへ。

電車を出してあげるとガシッと掴んで電車を走らせて遊び始めました。

「おっ。人見知りなさそう」と思ったら、やっと状況を把握したようで急に泣き出したTくん。

20210315 4.jpg「お母さんのところに行ってもいいよ」と言うと、お母さんの方へ向かいますが、おじさんがいるので近づけず私の方へ戻ってきます。

でも初対面の私に甘える気にもならないようで、しゃがみ込んで泣くTくん。

その姿が可愛くて可愛くて。

ギューってしたくなっちゃいました。

「お母さんがいい」と言って泣いている訳ですから、私にはどうすることもできません。

かわいそうですが泣いててもらいました。

お母さんの施術が終わって抱っこしてもらうとピタッと泣き止んだTくん。

やっぱりお母さんが一番ですね。





緊急事態宣言が延長されましたね。

新規感染者数も先週より少し増えているようです。

気候も良くなってきますから、お子さんを連れて出掛けたい季節なのに...って感じですよねぇ。

当院のお子様連れOKの時間帯は平日の10時から15時受付までです。

気分転換に是非ご活用下さいませ。

お待ちしています。

20210315 5.jpg


錦北っ子日記 ~おしゃべりに来て下さいね~

20210215 1.jpgこんにちは。錦糸町北口整体院で託児を担当しています保育士のマキです。

緊急事態宣言で不要不急の外出を控えている成果か、一日の新規感染者数が減ってきていますね。

でも、早くコロナを収束させるためとわかってはいますが、コロナ疲れされてる方も多くなってきたのではないでしょうか?




私の母は74才。

大田区で一人暮らしをしています。

20210215 2.jpg朝早くから趣味のゲートボールを楽しみ、そして今も介護職員として現役で働いて、いつも元気ハツラツ!といった雰囲気の人ですが、先日暗い声で電話がかかってきて

「あなたのことが心配で3日も眠れていない」

なんて言うんです。

「大丈夫だよ」と話して聞かせても

「私のことを心配させまいと、無理に明るくしゃべっているように聞こえる」

と言う始末・・・。

その暗さに、私は思わず笑ってしまいました。

元気に働いているとはいえ、家に帰れば一人です。

テレビをつければコロナのニュースばかり・・・。

心配や不安だけがだんだんと膨らんでいったんでしょうね。

20210215 3.jpg普段ならお友達とくだらない話をして大笑いするところでしょうが、お友達と会うこともままならない今の世の中です。

娘の私でさえ、気軽には帰れません。

ですので、普段はあまり長電話をしない私ですが、みっちり長電話して他愛もない話をいっぱいしました。

すると母の声もだんだんと明るくなって、最後は「眠れそう」と言って電話を切りました。




私の母だけではありません。

世の中全体が不安でいっぱいです。

ですが、私たちでよければおしゃべりの相手くらいにはなれます。

微力ですが皆さまの笑顔のために少しでもお役にたてれば幸いです。

錦糸町北口整体院でお待ちしています。

20210215 4.jpgのサムネイル画像


錦北っ子日記 ~泣くということ~

20210115 1.jpg明けましておめでとうございます。

錦糸町北口整体院で託児を担当しています保育士のマキです。

昨年はコロナな一年でしたが、今年も年明け早々新規感染者数の過去最多が更新されたり、緊急事態宣言が発令されたりと、憂鬱な話題が多い年明けとなっています。

そんな2021年ですが、小さなお子さんをお持ちの方は特に、我が子の今のこの可愛い時期は今しか味わえません。

感染対策をしっかり行いながら、是非お子さんの今を楽しんでくださいね。




20210115 2.jpgさて、可愛いくて愛おしい我が子ですが、泣かれると困ってしまいますよね。

当院にいらっしゃるお子さんが私に抱っこされて泣く理由はほぼ明らかで、1・2ヶ月のお子さんなら「オムツ」か「ミルク」か「眠い」ですが、月齢が大きくなるにつれ「この人、お母さんじゃない!」と言って泣いている場合がほとんどだと思います。

2人、3人とお子さんを育てていらっしゃるお母さん方を見ていると、赤ちゃんが泣いちゃってもそんなに慌てることなく、私に抱っこされ人見知りで泣いても「はいはい、頑張って泣いてきてねぇ~」といった感じで、泣くのも仕事とおおらかにとらえている方が多いように思います。

でも初めてのお子さんを育てていらっしゃるお母さんの中には、「何で泣くの?」と困ってしまう方もいらっしゃいます。

ましてや、お母さんが抱いているのに泣かれてしまうと、中には「私の育て方が悪いの?」と思ってしまう方もいらっしゃるようで・・・。

でも決してそんなことありません。

お子さんにとって、お母さんは最強なんです。

必ずそこで待っていてくれるお母さんという存在があるから、お子さんは元気に外へと向かっていけるのです。

じゃあ何でお母さんに抱っこされているのに泣くのか。

特に1才くらいのお子さんの場合、自分が思っているように出来なくて泣いている場合があります。

それは自分の体がそこまで発達していないのが原因かもしれませんし、お母さんが危険だからと言ってやらせてくれないからかもしれません。

でもそれは1才くらいでまだ言葉が未発達だから泣くということになるのですが、言葉が出てきた2才くらいになると、所謂「イヤイヤ期」ということになるんだと思います。

20210115 3.jpgまぁ、理由が分かったところでどうすることもできませんが、散歩に出掛けるとか、いつもは触らせてもらえないものを「特別だよ」と言って渡してみるとか(もちろん危なくないものを)、上手に気持ちを別のものにそらせるなどやってみて、それでも泣いているようなら泣かせておくのもひとつの手かもしれません。

泣いているうちに何で泣いているのかわからなくなって、突然泣き止んでケロッとする場合もありますし、泣き疲れて寝ちゃう場合もあります。

ずっと抱っこも大変でしょうから、危なくないようにして床に転がしておくのもありかもしれませんよね。

そういえば!

先日いらっしゃった6ヶ月のお子さんですが、おもちゃで遊んでいたら手を伸ばし私の方に来たので「抱っこしてほしいのかな?」と思い抱っこしたのですが、次第に泣き出してしまったんです。

するとお母さんから「自由にさせてほしいのかも」と言われ、キッズスペースに戻すと泣き止んだんです。

・・・そういうこともあるんですね(笑)



こんなまだまだな私ですが、今年も錦糸町北口整体院で皆さまのお越しをお待ちしております。

少しでも皆さまのお力になれれば幸いです。

20210115 4.jpg


錦北っ子日記 ~コロナの一年でした~

20201215 1.jpgこんにちは。錦糸町北口整体院で託児を担当しています保育士のマキです。

皆さま、元気でお過ごしでしょうか?

今年も残すところあと半月となりました。

結局今年はコロナの一年になってしまいましたねぇ。

自宅待機していたころは、これが終わったら感染者数もだんだんと減り、元の暮らしが戻ってくると思っていましたが、実際はそう甘くはなかったみたいです。

最近の感染者数の増加を見ると、これからどうなってしまうのだろうと不安になります。

20201215 2.jpgでも、当院にいらっしゃる可愛い子供達の寝顔・笑顔・泣き顔を見ていると、そんな不安もどこへやら!

ホント、私を幸せな気持ちにさせてくれます。






来年はどんな年になるんでしょうねぇ。

まだしばらくはコロナを気にしながらということになりそうですが、当院では、感染予防対策をしっかり取って来年も皆さまのお越しをお待ちしています。

20201215 3.jpg


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11