錦糸町北口整体院ブログ

錦北っ子日記 ~応援しています~

八重桜.jpgこんにちは。錦糸町北口整体院で託児を担当しています保育士のマキです。

4月です。新年度です。

今年度からお子さんを保育園に入れて働きだす方も多くいらっしゃいます。

私にとってはお子様連れの方が減るので、可愛いお子様たちの笑顔・寝顔・泣き顔が見られなくなるのでちょっと寂しくなる季節でもあります。



3月末にいらっしゃったRちゃん(1才)は、その日、やけに甘えてくるので

「最後だから?」

と聞いてみると、頭を「うん、うん」と頷いて見せるんです。

甘える子.jpgRちゃんはまだ1歳5ヶ月ですから、大人のマネをする時期ですし、私の言ったことの意味を分かってのことではないと思いますが、「うん、うん」と頷いて私に抱き着いてこられると、思わずギューッてしたくなっちゃいます。

4月になって、慣らし保育中のRちゃんがお母さんに連れられて来てくれました。

保育園に行き始めて二日くらいは泣かずにお母さんにバイバイ出来ていたRちゃんも、3日目くらいから状況を把握したのか、お母さんと別れるとき泣くようになったそうです。

まぁ、保育園あるあるですよね。

でも当院に来て泣かずに遊んでくれるRちゃんを見ると、Rちゃんにとって「おばちゃんは特別?」・・・なぁ~んて、ちょっと優越感というか、嬉しくなっちゃいます。





Rちゃん以外にも、何人もの方が今月から保育園です。

お母さんと別れる時に泣く子もいれば、全然平気で、お母さんの方がさみしくなっちゃうパターンもあります。

保育園の先生.jpgうちの子の場合は、朝別れる時こそ泣きましたが、夕方迎えに行ったら「まだ遊びたい」と全然お友達のそばから離れず、帰るのに時間がかかったものです。

仕事して、迎えに行って、買い物して、家事して、寝かしつけて・・・。

朝の忙しい時間にウンチしたり、嘔吐して急に休まなくちゃいけなくなったり。

「ケガだ」「熱だ」と保育園からお呼び出しがかかって、仕事を早退したことも何度かありました。

「あー、大変」「あー、疲れた」と思ったのも、子供が大きくなった今となっては、涙が出るほど懐かしい良い思い出です。





ママチャリ.jpgもちろん、専業主婦の方には専業主婦の方の大変さがあります。

私にとっては、仕事してお母さんじゃない時間があったことが精神的に良かったと思っています。

ずっと子供と二人だけでいるのは、それはそれで大変です。

どちらにしても、子育ては大変!

なんだか疲れたなぁと思ったら、ちょっと息抜きに錦糸町北口整体院にいらしてくださいね。

少しでも子育て中のお母さんのお役に立てればと思っています。

応援しています。

ダンゴ.jpg


< 前の記事      |